クレチュールジュレローション 成分

MENU

クレチュールジュレローションにはどのような成分が使用されている?

クレチュールジュレローションの成分

クレチュールジュレローションはインナードライ肌にとても効果があると言われていますが、どんな成分が含まれているのでしょうか?クレチュールジュレローションに含まれている成分にはインナードライ肌にどのような効果が期待できるのでしょうか?クレチュールジュレローションの成分やインナードライ肌にお悩みの方はご参考にしてください。

 

クレチュールジュレローションの成分

クレチュールジュレローションの成分には何が含まれているのでしょうか?

 

クレチュールジュレローションの成分には、7種類の植物由来の成分と、独自で開発した成分であるナノミド、トリプルコラーゲンとトリプルヒアルロン酸が配合されています。

 

トリプルヒアルロン酸とトリプルコラーゲンは、保湿力と保水力が角層まで届いてくれます。そしてお肌にハリを与えてくれて、お肌が成長しやすい環境に整えてくれます。

 

トリプルコラーゲンというのは、種類が違う3つのコラーゲンのことで、種類によって肌への浸透の仕方や、作用の仕方が異なります。クレチュールジュレローションには、保湿効果が高い3種類のコラーゲンが配合されています。

 

植物由来成分というのは、カンゾウ葉、ホホバ、メマツヨイグサ、パイナップル、ビルベリー、アロエベラ、ユズなどの昔ながらの民間療法として親しまれている植物です。

 

これらの植物成分がじっくりとお肌の本来の力を引き出してくれます。

 

ナノミドは、クレチュールジュレローションが作られる際に開発された成分で、お肌の基礎を守って育てていくサポートをしてくれます。

 

クレチュールジュレローションの目標というのは、お肌のラメラ構造を守って育てることです。クレチュールジュレローションの成分を使って、お肌の構造の基礎からインナードライ肌を解決していきます。

 

ナノミドという成分は2種類のセラミドをナノ化させた新しい成分です。瞬発型セラミド、増殖型セラミドの2つです。この2つがナノ化され、瞬発型ナノミド、増殖型ナノミドがローションの中に配合されています。

 

瞬発型のナノミドが壊れたラメラ構造をケアし、サポートしていきます。ラメラ構造をサポートすると、その奥にあるお肌の基礎を守ることができます。

 

増殖型のナノミドは、ラメラ構造を作り、必要なセラミドを増やして、お肌の構造を長期的に育ててくれます。

 

2つのナノミドがラメラ構造を作る上で必要なセラミドを増やし、お肌の構造を長期的にサポートしてくれます。クレチュールジュレローションの効果を発揮するうえで大切な成分になります。

インナードライ肌の効果

クレチュールジュレローションはインナードライ肌への効果が期待できます。インナードライ肌というのは、表面はオイリーなのに、内側はドライといったお肌の状態のことをいいます。

 

クレチュールジュレローションにはお肌の深層部まで届くような保湿成分が含まれています。その結果、皮膚の内側からの潤いを感じることができて、Tゾーンはてかっているのに、肌はかさかさといったような表面オイリーとインナードラいの悩みを解決してくれます。

 

>>クレチュールジュレローションの最安値はコチラ